プログラマーになりたい。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

「週べ」の立場

週刊ベースボール』という雑誌があります。

基本、どこか特定のチームに肩入れしたりは、しない感じのスタンスをのようです。あと「辛口風にするために批判しやすい人物を引っ張ってくる」的なこと(批判のための批判)は、少ないとも思う。少なくとも、スポーツ新聞みたいなことはない。それが「いい」とかいうわけじゃなくて、単純にスポーツ紙とは差別化して地位を確保しつつ、しかしチームが偏ると読者数が確保しにくいから偏らず…ということなのだろうと、傍観者的にしか読まない立場としては思うわけですが。


でね、なるほどそうくるか、と思ったのが、さいきん(スポーツ紙的な世界では)話題の次期WBC監督の話題。

スポーツ紙がばんばんやってたみたいに、「星野降ろしをやっとけばOK」ではないわけですよ、いまさらですし。上記のような姿勢ですし。かといって「王監督で」というわけにもいかない。あれのもとはナベツネ氏だから。

最新号(2008年9月29日号・9月17日発売)の最後のページ、「編集長FILE」というコラムに端的に出てるんだけど。うまいんだよこれが。

連載●編集長コラム「全員野球」 「監督」を考える。

そういう言い方をするのかあと。さすがにその世界で長くやってるだけのことはある。老練ですな。

    • -

https://mixi.jp/

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.