プログラマーになりたい。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

そうめん爆弾

 素麺をもらいました。まあ、ほんとに素麺ばっかり4kgも入ってたんだなこれが。約13食分。普通のペースで食べてたら、一人暮らしなら数ヶ月は持ちそうな量である。小麦粉で考えると、食パンなら16斤以上。
 こんな巨大なものを一般家庭が贈答品として頂いたらば、「爆撃された」と、申してもよいのではないでしょうか。爆弾といってもまあ「仲間内の爆弾発言」サイズの破壊力ですが。「じつは結婚するんだ」とかくらいの。

 厳密には、120g × 33(把) = 3960g。

 贈答品用の梨などがぼこぼこ入っていそうな大きさの箱に、素麺ばかりがぎっしり33把。梨などとは違い非常にスクウェアかつソリッドなやつですので、ほんとみっしりと一面に素麺。(しかしまあ、よくもこう揃いも揃って、白くて直線的なものばかり集めたもんだこのやろう…。)

もちろん、わざわざ一度にこんなに買うわけはありません。独り暮らしの中年男性(父)が、たぶん会社あたりから到来物を回されたかなんかしたものの、持て余したのです。未開封のままうちに送ってよこしたのです。さいきん自炊しないし、とかいってさ。

とはいえ、うちだって持て余す量ですので、感謝はしつつも、母はせっせと職場で配ったりしてる様子。これをもらった人にとっては、もらったもらい物をもらったものをもらったことになるのですか。いろんな意味でやっかいですね。

 ブランドは「揖保乃糸」ならぬ「半田素麺 阿波の糸」。しかし、これ、素麺にしては極太。糸というか縄っぽいけど。うどん粉スパゲッティーニか、という感じ。
 いや、やたら悪口ばかり並べるのは単に量がすげえからであって、決して不味いからではないので。その点は誤解なきよう。

追記:この素麺、結局1年かかりました…。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.