プログラマーになりたい。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

新作は必ず読みます

川端裕人の新作が出たら、あらすじとかレビューとかタイトルとかに関わらず読みます。それは各作品から圧倒的なリアルさが感じられて、その独特のおもしろさが好きだから。最初は、デビュー作『夏のロケット』の単行本を、高1のとき、当時の都立高専の図書館で借りて読んだのですが、一発ではまった記憶があります。

って、話を書いたのは「リアリティ」ということについて、ご本人のblogにこういう記述があったので…。

いずれにしても、小さな子どもがいる生活の「きらきらしたかんじ」やら、それだけは済まない諸々のことをなんとか掬いあげて言葉にしたいと思った小説でもあります。
実は、ぼく「ザ・スープ」とか、「竜とわれらの時代」みたいなものを書いている時でも、そこにあるはずのリアリティにはとても関心があって、主題にかかわる「リアリティを掬い上げる」ことにかなり力を注ぎます。ある意味、リアリズム小説なんです。こういうのも。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.