プログラマーになりたい。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

MVCのVをさらに分けたくなる件について

MVC (Model-View-Controller)モデルの一般的な説明だと、Viewは「受け取った処理結果を表示する」とかいうふうになるんでしょうか。

だけど、実際には、テンプレートを書いてると「表示の指定」と「端末とかブラウザの間の差異への対応」を同時にこなしていることが多い(この「同時に」というのはMVCとかの指向とは反する気がする)。
その部分は基本的にXML+スタイルシートが吸収してくれる…というのは理想的にはそうですけど、現状ではまだ望めない。

携帯とPCの違いを、あまり意識せずにサイトをつくれると楽なのに…という作業を最近してるので、こういうことを思うんだろうけど。

で、テンプレートは(使ったことないんだけど)Markdown記法とか、Wiki記法みたいなHTMLではないものと、Viewの表示内容をつっこむためのSmarty的なものの間ぐらいの、もうワンクッションあるもので書く。さらに、それをどう処理するかを決めるテンプレートみたいなものを書いておく。というような2段にわければいいのではないかと。

というか、Smartyの使い方として、そういうプラグイン集みたいなのをつくればいいのかね。

ところで、経験的におれが考えたことはほぼ必ず実装があるというジンクスがあるのです。というわけで、どこかにあったりしないかなあ。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.