だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

ハケンアニメ=覇権アニメ

[広告]

ハケンアニメ!

ハケンアニメ!

僕、「覇権」という言葉はまったく知らなかったんだけど、この小説は面白かった。

今季は偶然なんだろうけど、アニメの制作現場を描いたアニメ『SHIROBAKO』もあって、あっちもこっちも面白くて、ホクホクしている。
なんか、こういう作品が出てくるような素地ができてきたということなのだろうと思った。

最近のアニメは2000年代のアニメと比べて、ハイビジョンの画角にも慣れたみたいだし、線のぎこちない感じもとれた感じがあって、とても画面がきれいになったと思う(まあ現場はいろいろあるんだろうけど)。

90年代とかと比べても、ラジオ、イベント、ニコ生など、声優やスタッフの露出機会が増えていて、視聴者の感じるキャストとの心理的距離は近いと思う。また、アニメ自体の対象年齢も上がっていて、そういう周辺のイベントやコンテンツへのアクセスも良くなっていると思う。

そういうわけで、なんとなくこういう風に両者の公開タイミングが近かったのかな、と勝手に納得している。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.