だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

MU.LABをいれてみた

[広告]

http://www.mutools.com/downloads.html
からMac版のバイナリを落として、開いて、出てきたフォルダごとApplicatonsにいれる。MULABというのを起動。


id:at__ytwitterでいろいろ教えてくれた。さんきゅー!将来的にもさんきゅー!(いまおもったんだけど、ついでに、ustreamでMU.LAB講座してくれないかなー。Record(録画)してあれば見なおせるし!ニコ動という手もあるが、ちょっと気軽じゃない。っていうか、むしろ探せばすでにあったりする?)

とりあえずKickとかいれてみようか。

「ラック」の一番上の段をクリックすると

いろいろ選べます。

Drumsetにしてみました。



ここで、「えんぴつ」の方をクリックして編集モードにする。



1ループ分の範囲を選択。コンテキストメニューがでますのでここでシーケンサを選んで、

あたらしいパターンをつくる。できた部分をダブルクリックすると、MIDIの編集画面みたいなのが出ます。C0がキックみたい。よく知りません。ちなみに、この画面をCLOSEするのは左上。


1ループ分作ったら、全体の画面で編集した部分の右をびーっとドラッグして引っ張る。繰り返しになるはず。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.