だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

過剰な防犯指導

[広告]

いまは、小学生にあいさつしただけで、通報されるかもしれないそうです。
僕は結構な田舎育ちですので、挨拶されて無視するなんて失礼なことできません。むしろ小学生のころは、じぶんからあいさつしましょうとかいわれたことがある。あと、昔から遅刻魔だったので、遅刻しそうになって、知らないおじさんに時刻を聞いたこともあります。

下野警察署では「人に声をかけられても相手にせず逃げる、防犯ブザーを鳴らす、すぐに警察に通報する等、ご家庭でもお子さんにご指導願います。」と注意を喚起しています。

「人に声をかけられても相手にせず逃げる、防犯ブザーを鳴らす、すぐに警察に通報する」
これは、いいすぎだろう。
この「とにかく逃げる」的な方法でいけば、最終的にはすべて信用できない。そしたら、原理的には家族からも逃げなければならない。そういえば、警察だってだめだよな。部屋から外に出られないじゃん。まあGIGAZINEだから、取り上げ方があれですが、(ネタとして)誇張があるのはたしかですが、それにしてもねえ。


こういう過剰反応の話は、作家の川端裕人さんのblog(購読してる)で目にしてましたが、こう実際実例がmixiのニュースにまでなってると驚く。まあGIGAZINEだけど…。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.