だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

「民主党さんの思うとおりにはさせないぜ」で産経が謝罪したことのがおどろいた。

[広告]

ぼくは、たまたま産経アカウントの

でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経新聞の真価を発揮するところ。

という発言のリンク、「産経△」とかいってRTでまわってきて、リアルタイムで見たのだけど。へー…「ならない」とかではなく「させないぜ」なんだ、ぐらいにしか思いませんでした。目線が、まるで自民党の中にいるみたいで、すげえのはすげえのですが。
だから、中立性は期待してなかったけど、独立性もないのか、という批判はあるかもしれないとは思いますが。

民主党さんの思うとおりにはさせないぜ」 ツイッター軽率発言を産経新聞が謝罪

【8月31日20時45分配信 J-CASTニュース
保守的な論調で知られる産経新聞の記者が公式「twitter」上でつぶやいた軽率な発言が「報道機関としての中立性はないのか」と批判を浴び、2009年8月31日、同社は謝罪した。



問題の「つぶやき」があったのは、選挙結果が出そろい、民主圧勝自民惨敗が確定した31日明朝。

「そろそろ、中の人が交代しますー。皆さんお付き合いいただいて、ありがとうございました!」

と選挙特集が終わることを告げたあと、

 「産経新聞が初めて下野なう
 「でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経新聞の真価を発揮するところ」

と投稿してしまった。公式アカウントなだけに、産経新聞が自民寄りで「反民主」を表明したとも受け取られかねない発言だ。

方向性については、これまでにも、twitter経由で、MSN産経のリンクを踏んで、民主党に批判的な記事を目にしたりしていたので。とくに違和感ないのですが。そもそも産経新聞に(かぎらずだけど)「中立」とか求めるのは無理があるだろう。


個人的には、「謝罪した」ことのがおどろきました。産経新聞は「自民寄りで「反民主」」で売ってるのかと思っていたし。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.