だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

みんなで「僕って何」を読んで…

[広告]

みんなで「僕って何」を読んで、死後何年分権利を保護する価値があるか言い合ってみようぜ
すっげ。


いやまあ、ありだと思うけど。
というか、高1の頃『僕って何』を読んで、一時期この作家にはまってたから。おれは、この作品に関しては当時「すごい」と思った記憶があるよ。いきなり芥川賞受賞するだけのことはある、と。最近、読みなおしてないから、思いだせないけど。
ただ、一方で数年前に、新作を読んで、あれ?ということもあった。全部が駄目ということもないが、全部がいいとはいいきれない。


うーん…。
ただ、どっちにしろ「死後の保護」と「作品の価値」は関係ないと思う。谷崎にしても、三田誠広にしても。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.