だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

Kangertech SUBTANK Plus

[広告]

KangertechのSUBTANK Plusを買いました。他のSUBTANKは持ってませんが、コイルは共通なので、味はだいたいSUBTANK MINIなどと同じはず。MINIやNanoとの違いは、7mL入るという点。
タンク底部のエアフローは調整可(小さい穴、ふつうの穴、スリットの3段)。

付属するコイルはTC用が1つ、通常のが1つ、リビルダブルのが1つで、僕はそのうちのTC用を使っています。

味については、個人的にはAspireのTritonやAtlantis(どちらもTCコイルを使用)よりも味が濃く出る印象。

デメリット:ジュルジュルしてくる

デメリットとしては、2時間くらい使い続けていると、吸った瞬間に「ジュルッ」と音がするようになり、さらに無視して吸い続けると、半日も経たずにリキッドが口の中に上がってくるようになります。
どうもKangerteachのコイルは全体的に供給スピードが速い傾向にあり、高出力(高ワット数)で吸わないと、あまってしまう模様。
(「供給スピード」:コイルの外側(タンク)からコイル内側(空気の通り道)へ、脱脂綿を通って染み出るリキッドの、時間あたりの量のこと。僕が勝手になづけたもの。正式名称はたぶんありません。)

この状況を表現する「ジュルり」や「ジュルる」という用語もよく見ます。例えば下記の記事などが参考になります。
vapech.com

対策

こうなったら、エアフローのどこかにたまっている余分なリキッドを除去するしかありません。MODから取り外し、とりあえず紙ナプキンかティッシュなどで底部を包み込み、ドリップチップ側から息を吹き込んで除去するのが手軽でしょう。2、3度、全力で「フーーッ!!」っとやるとだいたい除去できるはず。
この程度でもジュルッっとした感じはなくなります。

とはいえ、これだと完全な除去はできないので、家にいるなら、水道水にタンクを浸けて洗っちゃう方が簡単かもしれません。洗うときは底部のガラスと金属の境目あたりまで、数秒間水道水に浸けたあと、ティッシュなどでタンク底部をつつみ、強く息を吹き込んで水気を飛ばします。ついでにタンク全体に流水をかけると、表面の汚れもとれて一石二鳥です。
(僕は、水に浸けたあと、さらに飲み物をストローで吸うように軽く吸って(水が上がってきます)、ペッと吐くという方法を取ることもありますが、これだと、リキッドが口内に入るので、誤飲の危険性があり、安全面からはまったくおすすめしません。)

水とリキッドが混ざってしまいそうですが、僕の味覚ではわからないレベルなので気にしないことにしています。

価格と入手経路(GearBest)

このタンクはGearBest(http://www.gearbest.com/)で購入し、価格は当時26.09USDでした。(交換用コイルヘッドは5個入りRegular Price:$27.32。)
ただし、このサイト、どうも運営会社や代表者名がはっきり書いてなくて、どうもおすすめしにくいです。ご利用の際はリスクを理解してからお願いします。
使いやすいし、価格もたぶん妥当だと思うんだけど。

なお、直接書いてないだけで、ページ下部に「Norton Secured」のシールが貼ってあったので、クリックしてみると、次のような情報が出ました。だからまあ、隠しているというほどではないんですが……。

SHENZHEN GLOBALEGROW E-COMMERCE CO LIMITED は、 www.gearbest.com にあるウェブサイトの所有者または運営主体であることが確認されました。
SHENZHEN GLOBALEGROW E-COMMERCE CO LIMITED の実在性は、公式記録で確認されています。

運営会社は各種ネット通販を運営する、中国の広東省深圳市に本拠地のある、Shenzhen Globalegrow E-Commerce Co., Ltd. (中国語名:深圳市环球易购电子商务有限公司、略称:环球易购)という会社だそうです(http://www.globalegrow.com/Shenzhen Globalegrow E-commerce Co., Ltd.: Private Company Information - Businessweek)。会社のサイトにもGearBest.comの紹介がありますね。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.