だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

中国からのスウェーデン郵便(Direct Link経由PostNord)が22日かかる。遅い。

[広告]

DirectLink沿革

香港やシンガポールから「cylindrical battery」(円筒形電池=機器に内蔵されていないリチウムイオン電池やリチウムポリマー電池)を日本に送るには、規制のゆるいPostNord社傘下のDirect Linkを利用することになる。

PostNordは、スウェーデン郵便局(Sweden Posten)が民営化してできたPosten ABと、デンマーク郵便事業が合併して、ひとつの持ち株会社PostNord ABの傘下に入ったものだ。最終的にはPostNord Sverige ABという名前になっている。今年からブランド名も「PostNord」に変更になったとか。「Nord」は北欧とかスカンジナビアの意味らしい。しかし、Nordだがノルウェーは入っていない。

スウェーデン郵便はDirect Linkのブランドで1986年から順次海外に進出していて、これもPostNord社にも受け継がれている。現在グループの子会社が米、豪、シンガポール、仏、独、英、香港(深圳)などにある。Direct Linkグループは主にオンライン通販業者向け("E-tailers")相手に商売をしているようで、主に通販業者などからの郵便物を引き受けているようだ。

ふつう、郵便を出すには現地の郵便局に預けるしかないわけだが、「民間」の運送会社として一度スウェーデン国内に運び込むことによって、PostNordの扱いにすることが可能になっているのだ。つまり荷物を横取りしているわけだ。よくも、発送元である中国の郵便局が怒らないよな……と思う。

配達の記録をみてみても、郵便物はすべて一度スウェーデン国内に持っていっていることがわかる。そこのターミナルで区分し、(おそらく)通常のスウェーデンデンマーク発の国際郵便物と同じルートで、配達先である日本の郵便局に送っているのだ。

マルメのターミナルで11日待たされる

しかし、このようにユニークなサービスをしているDirectLinkだが、実は非常に遅い。どうも、このどこかにボトルネックがあるようなのだ。

追跡情報を見ると、具体的にはスウェーデン第3の都市マルメーにあるらしい国際ターミナル(MALMO UTR/MMAH, Sverige)で、11日間程度待たされているようなのだ(「MALMO」はマルメー(Malmö)なのだろうが、「UTR/MMAH」はよくわからん。)

一体どれだけの分量の荷物を仕分けしているのか知らないが、税関を通さなければならない日本の川崎東郵便局だってそんなにはかからない。

そして、11日待たされたあとやっとどこかの空港へ運ばれる。

マルメーにはマルメ空港というのがあるが、日本へは定期便の就航がないので、国境を越えて運ばれ、コペンハーゲンの空港を経由しているのかもしれない。マルメーとデンマークの首都コペンハーゲンのあいだには、海峡をわたるエーレスンド橋(Öresundsbron)というのがあるのだ。コペンハーゲン空港へアクセスがいいという(Wikipedia:スコーネ県)。こっちからは、日本への定期便がある。

飛行機に載ってしまえばこちらのものだ。数日で届くだろう。

追跡もまばら

遅い以外にも、PostNord(Direct Link)のサービスにはもう一つ問題がある。追跡情報がまばらなのである。今回送ってもらった郵便物は一応書留のはずなんだけど。まあ、正規の郵便じゃないから文句は言えないか……。いくら国際郵便でも同じ場所で11日間も記録が止まると心配になる。まあ、僕が海外郵便に慣れていないだけかもしれないけど……。

日本郵便はその辺、大変優秀なので有名ですが、USPS(アメリカ郵便)など特に評判がいいわけでもない他国に比べても、データがまばらなのだ。しかも、DIrect LinkとPostNordのウェブサイトで出てくるデータが異なるのだ(下表参照)。

第一の要因は、記録が出発だけで、到着がないせいだ。

第二には、ひとつの巨大ターミナルにすべての貨物を集めて、すべての仕分けをしてしまうせいで、仕分けの進捗が表に出てこないことだ(日本の国内郵便は複数のターミナルを経由しながら徐々に仕分けされることが多いため、発着の記録が頻繁に残る)。

しかし、11日もかかるのだから、ターミナル内でどのような扱いをされているのか教えてくれてもいいだろう。

下に、今回の配送についての3社の追跡情報を合体させたものを載せる。途中で切れているのは、じつはまだ家まで配達されていないためだ。ただ日本郵便の管轄にさえ入ってしまえば、おおむね決まった日数(税関で引っかからなければ川崎東到着後2.5日程度)で届くので、あってもなくても変わらないだろう。なにせ、日本郵便は異様に速いのだ。

解説:10/23にDirect Link社の集積所(Direct Link, PostNord Receiving HUB:場所不明。中国国内か?)で引き受け、3日後の10/29にスウェーデンへ出発(departed on flight from origin)。このあと到着の記録がないまま、11日後の11/9に突然スウェーデンのマルメーにある国際ターミナル(MALMO UTR/MMAH, Sverige)から、日本行きの飛行機に載せられたと出る。このとき「単なる海外行き」だったのが「これは日本行き」であると特定されるので、日本郵便にもデータが送信されるようだ。以後は、日本郵便のサイトでも追跡できる。

配達は差し出しから22日後だった。(ちなみに日本郵政のサイトによると、日本からスウェーデン国内への「手紙」や「書類」の「お届け日数」は「5日」、遅いはずのSAL便でも「2週間程度」である。やはり遅い。)

とはいえ、実は愚痴を言いつつも最近何回かまとめて使っているから、いつも安定して11日程度でターミナルを出て、安定して無事につくので、ある意味では安心なのかもしれないとも思えてきた……。

PostNord.se PostNord.se Direct Link 日本郵便
Date Location Tracking event Status 配送履歴
2015/10/23 05:00 Item pre-advice received
2015/10/23 13:38 Direct Link, PostNord Receiving HUB Item received for processing Item received for processing
2015/10/29 11:35 Order departed on flight from origin
2015/11/09 13:48 MALMO UTR/MMAH, Sverige The item has been dispatched from Direct Link's international terminal for onward transport to the country of destination Order departed from sorting hub 国際交換局から発送
2015/11/12 18:32 JAPAN The item has arrived at the international terminal in the destination country for sorting 国際交換局に到着/川崎東郵便局/神奈川県
2015/11/13 09:00 JAPAN The item is now at customs abroad for determination of any customs duty payable. 通関手続中/川崎東郵便局/神奈川県
2015/11/13 09:48 JAPAN The item has been sorted at the international terminal in the destination country for onward transport in the destination country 国際交換局から発送/川崎東郵便局/神奈川県
2015/11/14 05:05 JAPAN 到着/○○郵便局/東京都
2015/11/14 12:03 JAPAN The item has been delivered to the recipient abroad お届け済み
Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.