だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

図書館で出会った本たち

[広告]

※この記事は、はてブロの今週のお題「人生に影響を与えた1冊」について書いたものです。

 学生時代、比較的たくさんの本を読む生活をしていたので、あまり「この1冊」というのはないのだけれど、いくつか浮かんだ中で、僕の基本的な考え方の癖に一番影響を与えたという基準で1冊を選んだ。
 宗田理の『ぼくらの七日間戦争』だ。
 元祖ラノベのような感じで、小学生から高校生くらいのファンが多かったようだ。大抵どこの図書館に行ってもあった。
 僕は小学校高学年のころに読んで、体制を疑うくせがついた。権力を持つ人々、主流派の人々の言うことを常に疑うようなくせだ。
 今はさすがに主人公たちほどナイーブな思想は持ってないけど、それでもなんとなくマッチョな思想になじめないあたり、いまだに影響下から抜け出せていない。

ぼくらの七日間戦争 (角川文庫)

ぼくらの七日間戦争 (角川文庫)

 時代は80年代半ばごろ、教師に管理されることが嫌になった中学生たちが、近所の廃工場をジャックして教師たちに戦いをしかける。ある種の独立戦争だ。
 果たしていまの子供たちがこれを読んで共感できるのかは正直俺にはわからないが、90年代前半、僕が小学生のときはまだ携帯もなく、ぎりぎり戦前生まれの先生もそれなりに残っていて、結構共感できたのだ。
 ただ、今の時代、この本にうっかり共感してしまうと、結構肩身がせまい思いをするだろう。力の強い者の言うことを素直に聞けなくなるからだ。読むなら覚悟してほしい。もしはまってしまったら、あきらめるしかない。

 *

 ついでに選ぼうか悩んだ他の候補も載せておきたい。すべて高専入学以降に読んだ本だ(中学時代はプログラミング関係以外あんまり本を読まなかったので紹介できるものはない)。

夏のロケット (文春文庫)

夏のロケット (文春文庫)

カレーライフ (集英社文庫)

カレーライフ (集英社文庫)

風に桜の舞う道で (新潮文庫)

風に桜の舞う道で (新潮文庫)

 ジャンルとか方向性に、ぜんぜん脈絡がなくて申し訳ないんだけど、高校生くらいの年齢で読んだ本は、何であれ人生に強い影響を与えるのだ(だから、読んでしまったからには、挙げるしかないのだ)。

 それから、ちょっと専門的すぎて一般向けではない本だと、結城浩の本には強く影響を受けた。一般向けじゃないという理由ではじいたが、もしかすると直接的な影響という意味では一番かもしれない。
 実は、僕はこの頃ちょっとプログラミングから離れ気味だったのだが、Javaという革新的な言語と、オブジェクト指向に触れたことでプログラミング熱が復活したのだ。いまだにプログラミングを続けているのは、たぶんこの本と父のせいである。実はこの2冊は父にもらったのだ。父はプログラミングをしないのだが、ある種の哲学書や物理学のブルーバックスのように読んだようだ。

Java言語プログラミングレッスン 第3版(上)

Java言語プログラミングレッスン 第3版(上)

 同じ著者でもう一冊。人生を変えたと言うほどではないが、今の社会の中で暗号化技術の占める位置は大きい。その重要度はますます増している。そういった状況にとまどわずに対応できているのは、この本のおかげだと思うので、併せて紹介する。
暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス

暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス

 最後に、このころ読んでおきたかった本として、池田晶子の『14歳からの哲学 考えるための教科書』を紹介しておく。

14歳からの哲学 考えるための教科書

14歳からの哲学 考えるための教科書

 まあ、実際のところ、しょっちゅう図書館に行って面白そうな棚の前をうろうろしていると、出会うべき本はいやでも目に入ってくるものだ。だからこんな記事なんてなくてもいいんだけど、俺自身がそのうち忘れてしまいそうなので書き留めておくことにした。もし万が一誰かの参考になれば幸いだ。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.