だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

だけど気になる、こんな気持ちはなぜ?

[広告]

個人的に、「バンチ」が凋落気味な昨今、期待できるのは「モーニング」と「イブニング」なのですが。
今号の「イブニング」、久保ミツロウモテキ」がすばらしい。個人的にとてもツボだったw。破壊力抜群。
バレンタインのときも表紙もよかったけどもね。


連載開始時から

つか、ちょっと思ったのは
男女が入れ替わってるけど
少し前の少女マンガなのかも。


これは当たるような予感はするけど
もし当たったとしたら
少女マンガのフォーマットを全て持ち込む事が可能になる
ちょっと革命的なマンガかもしれない。

ということはいわれていたようですが。
モテキ」に限らず上記のような、男女交換版少女マンガというのは、たとえば和泉かねよしの「メンズ校」や、ドラマ化された「乙男」(菅野文)みたいに、少女マンガでは、結構めずらしくなくなっていると思う。
あるいは、年齢層が「少女」ではない少女マンガでは、もともと男子的女子や女子的男子、あるいは女子の男子性や男子の女子性みたいなものが比較的容認される気がする。


しかし、イブニングで、この絵で、やるとすげえな。


一方で、男女をひっくり返しただけでは、そもそも発想が安易なので、それだけだと結構簡単に飽きる。
モテキ」のすごいところは、少女マンガ的ベタさや、非モテの安易さへのオマージュでありながら、それらについて、メタな視点を導入することに成功していること。
あと全速力で当たって砕けたら壁も砕けて、向こうが見えちゃった。みたいな感じとか。うまいなー。


ただ、そういうわけで、じゃあ実際どの程度少女マンガ的かというと、ちょっと説明できないんですが。
ただ、今号でたまたま見つけたので鬼の首取ったようにいいますけども、ラストまえに電話で話すところのママレードの絵から地の文、って、まんま「笑顔に会いたい」じゃん!「ママレードボーイ」じゃん!!(きのうカラオケで歌ったじゃん!)

だけど気になる
昨日よりもずっと
途切れた夢 2人の続きが知りたい

だから気になる
こんな気持ちはなぜ?
今一番 アイツの笑顔に会いたい

というわけで、今回の「モテキ」は「ママレードボーイ」だ!というご報告でした。

追記:

うっかり興奮してあっちこっちにバラ撒くなど。

イブニングがやっばい。立ち読みしたら「モテキ」(久保ミツロウ)で腹筋が割れそうになった。

ママレードの絵→だけど気になる

…!

わあああああああああああ…。

アホだ。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.