読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

「好きですよ。それはしょうがないじゃない」

[広告]

これ、面白いインタビューです。
日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く(前編) (1/3) - ITmedia ニュース

そういう言われ方をすれば、もうみんなそう思っていると思うけど、僕はそういう人間だよ。ハイブロウなものが好きですよ。それはしょうがないじゃない。

——ニコニコ動画では、ユーザーが作った音楽に、別のユーザーが動画を付けるなど、ユーザー同士の協力によって新しいものができています。


サブカルチャー強いよね、日本は。それも全然否定してないよ、日本のサブカルチャー。日本発グローバルでさ。ただ僕自身がサブカルチャーはそんなに……。僕は漫画読まないしアニメみないしさあ。志向性がちがうだけで。


日本のサブカルチャー領域でのWeb文化の隆盛は十分に分かっていて、敬意を表しています。だから、今さらそういう事例について議論しても、日本のWeb文化が特に変化したとは思えないんだよね。


ただ、素晴らしい能力の増幅器たるネットが、サブカルチャー領域以外ではほとんど使わない、“上の人”が隠れて表に出てこない、という日本の現実に対して残念だという思いはあります。そういうところは英語圏との違いがものすごく大きく、僕の目にはそこがクローズアップされて見えてしまうんです。

ぼくは、どちらかというとその「残念」とどうつきあうかの方に、興味があるのかもしれない。というか、残念かどうかというような、その内容についてよりも、単に日本語での閉じたコミュニケーションに興味と未練がある。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.