だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

なぜこんなにも息苦しい社会を作ろうとするのだろう

[広告]

T/O

そう、犯罪人は悪人という前提ですから、多くの人は擁護してくれません。擁護してくれるのは、過去に冤罪にあった人や、弁護士、あとは司法に詳しく社会問題だと考えている人たちでしょうか。悪人だからといって、量刑は重くてもいいんだ、と考えるのは間違いです。あくまでもバランスが大事なのです。

一審判決のように業務上過失致死傷罪と道路交通法違反の併科のMAXである7年半の懲役を課すくらいなら、妥当と思いますが、いきなり20年というのは数年前まで、2,3年程度の懲役で済んでいたことから考えるとあまりに急な量刑の強化だと私は思います。

もっと時間をかけて議論すべきだし、法律の改正に関しても被害者の感情ばかりを汲み取ってやるのではなく、あくまでもバランスを考えて立法すべきと考えます。
批判覚悟の上です。こんなことを書いて私自身が得することは全くありませんが、不本意ながら司法の世界にどっぷり足を突っ込んでしまった人間からのメッセージです。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.