読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

今週のお題にこたえてみるよ「私と読書」

[広告]

今週のお題:「私と読書
漠然としすぎているので「わたしにとって読書とは何か」という質問だと仮定してでこたえてみようと思う。
でも、そうすると答えは簡単。生きることそのものだ。


…とまでいうと、多少言い過ぎか。
実際見積もっても、1日のうち一番長いのは睡眠時間だからね。
そのつぎが読書時間。
だから、厳密には睡眠の次に大切なものだということだ。


それから、わたしの「青春」の75パーセントぐらいは読書だった。
これも同様に、時間配分とか、労力の面で端的に示されている事実。


ともかく、本がなかったらわたしは崩壊するだろう。
わたしにとって、読書とはそういうものだ。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.