だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

10.5.6 Updateは要注意

[広告]

アップデート中に電源切断で起動時カーネルパニック

あたりまえなのだけど

  • アップデートをインストールする前に、コンピュータのバックアップを行っておいてください。

(略)

  • インストールの処理を中断しないように注意してください。

などと注意書きがあった。
で、これらをぶっちぎって、妙に時間がかかるので電源落としたら、案の定ひどかった。次回起動はいいんだが、その次以降、何度やっても「起動音、りんごマーク、カーネルパニック」という状況になりました…。

いや、それにしてもまさかこんなに早くTime Machineの世話になるとは。

OS X 10.5のDVDを入れて起動、しばらく指示通り手順を踏むと、上にメニューバーが出ます。そこの[ユーティリティー]から、Time Machineのアイコンがついた項目をクリックしてUSBでつないで…という感じでリカバリ。再起動。
もし、この状況でバックアップを取ってなくて、どうしても取りたければ、USBでメモリかハードディスクを接続、コマンドプロンプトからtarコマンドとかで送るしかないだろう。

今度こそって感じで、意を決して10.5.6 Updateしました。
結論。今回のアップデート前は必ずバックアップし、アップデート中は、なにがあっても電源を切ってはならない。少し、時間がかかるけど放置。

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.