だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

去たん成分のみのOTC発見!

[広告]

このあいだ

抗ヒスタミン剤が効きすぎる体質なので、下手な風邪薬を飲むと、のどとはながカリッカリに乾燥して、症状が悪化するのです。(略)求む去痰剤のみのOTC医薬品。塩酸ブロムヘキシンでもいいから。

って書いたんだけど、アキバに出掛けたついでに、JR駅前(昭和通り口)の薬局で相談したら、あったよ!

あと、佐藤製薬の「ストナ」ブランドでも同様の処方の製品があるようです。
ちなみに、クールワンは一体どこがクールなのかと思ったら、なんとメントール配合らしい。でも、カプセルだし、実際味しなかった気がする…。
同ブランドに「のどトローチ」というのがあるので、実はそれのブランドを流用するためにだけ入れたんじゃねーか、という憶測を思いついてしまった。

パブロン50

ちなみに、抗ヒスタミン剤がダメで…という場合で、解熱剤・鎮咳薬が入ってる「風邪薬」となると「パブロン50」などというものがあるそうです。

【第2類医薬品】パブロン50 36錠

【第2類医薬品】パブロン50 36錠

解熱鎮痛とか咳止め効果もあるといいなというときには便利かもしれない。

薬剤師さんに「じつは抗ヒスタミン剤が…」と相談したら、「もし熱もあるのならば「パブロン50」というのがあるんですけど…ああ、でも在庫が無いです…」と言われた。
そう、問題はマイナーなこと。
聞いたことがないし、売ってもいない。しかも、なんとパブロンの公式ページにさえのってない!

で、資料を探したらプレスリリースを見つけた。そしたらなんと、この9月発売の新製品なのだそうだ。不思議なタイミングだ。さいきん抗ヒスタミン剤の不快な副作用が話題になったりしたの?そんな話は聞かないのだけど…。

それにしても、最近の新しいOTC医薬品は医療用だった成分が配合されていることをウリにしているものが多い中、「配合していません」というのはめずしい売り文句ですね。

  • 眠くなる、口がかわく、尿が出にくくなる抗ヒスタミン薬を配合していません
  • 便秘を起こしやすいジヒドロコデインリン酸塩を配合していません
Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.