だまんです。

プログラミングや写真や本や読書会のことや、日常のこと。

よくこれで生きてけるな

[広告]

しんどい。ちょっと何とも言えない感じに不調。ここ何日か分の記憶が混じっちゃった感じがある。記憶がないのはいつもだけど、一層ひどい。記憶どろどろ。
おかげで気分もどろどろ。


おれは「おれはデキる!」、「おれってすげえ!」(しかしこのセリフ、文字にすると、本当に身も蓋もなくバカっぽいけど。)と、それなりに本気で勘違いしてないと、何もできなくなるので、こういう事態は困る。不都合な真実ってやつ。


通常版のおれも、「きょうのできこと」は一晩寝ると「過去のこと」になり、そして、過去の時制には「こないだ」と「まえ(それ以前)」があるという点では十分てきとーな記憶装置を利用しているけど。(そして「最近」より「むかし」の過去のがよく覚えていたりするわけです。まるで早くも老人性認知症なのであります。カッコー。)


それがここ数日、もっともっとてきとーになっている。危機感。


でも、たぶん大丈夫みたいだけど。生活は、ほとんどiCalに入れてますので、大丈夫。直前でリスケになって、予定と実際の時間がずれたりしたら、ちゃんと修正もしてます。バックアップもiPodとTime machineで2重。この手の習慣は比較的忘れないので。内容は、待ち合わせ、飲み会、本、授業、医者、仕事など。その予定、終了後は事実の記録。iCal以外にも、メール、写真、メモはおおむね保存。


と書くと、記録魔っぽい気もするけど。(実際どこまでいくと記録魔なのかわからないですが。)
エピソード記憶がたびたびお無くなりになるし、名詞もだめなのでこのぐらいは必要かなと。


たとえば、きょう読み終わって図書館に返した本のタイトルが、どーしても思い出せない。
これが、デフォルト。
まずそもそも予約で取り寄せるのが多いので、到着お知らせが来た時にiCalに入れちゃうんだけど。まれに「きょう開架から借りた」というのがある。ポスト返却なら、あわてずにネットで照会すればOKだけど、開館中に戻すと最悪。こういうときは主人公の名前、キーワード、台詞、作者名、タイトルの一部などのうち覚えているものをGoogleにぶち込むしかない。


ほかにも、

  • 外出中かここ数日の夢うつつになんか面白いこと思いついた気がするけどぜんぜん思い出せない(実害はない)、とか
  • 医者にかかってるときは、きょうクスリ飲んだっけ?(iCalと錠剤の数を比較し、指差し確認すればだいじょうぶ)とか
  • ってゆうか、きょうって何年?何月?そして何日?(バイトはWindowsなので、SAKURAエディタが便利。TODOをずらずら箇条書きで並べて、作業した内容を付け加えつつ適宜[alt]+[:]を入れていく。と、活動記録=日報になる。ちなみに[alt]押しながら[;][:]と打つと、両方合わせて「yyyy年m月d日hh:mm:ss」と入力してくれます。)とか。

これもデフォルト。つまり、ほぼ毎日のことです。


ちなみに、今のところ、さすがに「ご飯食べたっけ?」は、ないです。お腹がふくれるので。本当は、起床時間と就寝時間、食べたものも記録したほうがいい気がするんだけど、それをやるとiCalがぐちゃぐちゃして見ずらくなったので、とりあえず気にしないことにしてます。これは、わすれてもほとんど問題ないし。でも、クスリ飲んだかな、は何でもいいけど簡便な手段で記録できるならしたい、と思う。本気で「あれ?あれれれ…?」ってなるときがあるので。飲まないことによるリスクと、飲み過ぎることによるリスク、どっちを引き受けようか…と本気で考えて疲れちゃったり。


われながら、よくこれで生きていけてるな。と思います。


そして、おれが、この日記をあす見たら
「おれこんなこと書いたんだ。それにしても、われながらよくこれで生きてるな」
などと、また思うのでしょう。
あしたまで確実に忘れないと思うのは、習慣と人格ぐらいだからです。

どうぞよろしくお願いします。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=966807051&owner_id=3440305

Creative Commons License ©2007-2016 IIDA Munenori.